家を借りる・貸す

家を借りる・貸す

1借りる場合の条件整理

タイミングが重要

希望条件を明確に!

アパートやマンションを借りる場合も、様々な条件があるでしょう。月々の家賃の額、敷金・保証金等の一時金の額、通勤・通学に要する時間、間取りや広さ、周辺環境といったような条件を予め明確にし、物件を探しましょう。

2情報の収集と業者の選択

ハトマークを是非ご利用下さい!  物件を探す際、情報誌や広告で探すのもひとつの方法です。しかし、住みたい地域の情報はやはり地元に密着した業者が一番多く持っていると言えるでしょう。店頭に『ハトマーク』の貼ってある業者は、全宅連傘下の都道府県宅地建物取引業協会に加盟していますので、是非一度ご相談下さい。

3重要事項説明を!!

重要事項の説明を

疑問点はしっかり確認!

賃貸住宅を借りる場合も、重要事項説明を受けましょう。そして、賃料や契約期間・一時金の額・更新の場合の手続きから、契約終了時の精算に関することまで、少しでも疑問に思うことは確認した上で契約しましょう。

4自宅を貸す場合

短期間貸す場合

転勤などで自宅を短期間貸すようなケースもあります。このような時は、「定期建物賃貸借契約」を結ぶことになると思われます。この契約は、期間を決め、その期間が満了すると賃貸借契約は終了するというもので、更新はありません。

しかし、この契約を結ぶ際に気を付けるべき点がいくつかありますので、その様な時は、是非『ハトマーク』の貼ってある業者に一度ご相談下さい。