お知らせ

宅地建物取引業法の一部改正に伴う取引主任者証の取扱いについて

宅地建物取引業法の一部が改正され、平成27年4月1日より「宅地建物取引主任者」は、「宅地建物取引士」となります。これに伴い、「宅地建物取引主任者証」も「宅地建物取引士証」に名称が替わります。
宅地建物取引業法の改正により、「宅地建物取引主任者」は、「宅地建物取引士」となりますが、有効期限内の取引主任者証については、宅地建物取引士証とみなされ、引き続き有効です。

なお、平成27年4月1日以降、「宅地建物取引主任者証」から「宅地建物取引士証」へと切り替えることができます。

この記事は2015年3月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。